婚約指輪の歴史

婚約指輪ってとても神秘的なものですよね。 その婚約指輪の始まりはご存知ですか? あまり知られていないかもしれないので、神秘的なお話を少ししたいと思います。

婚約指輪は古代ローマ時代に恋人同士がお互いに鉄の指輪をはめ、愛の証とされていたそうです。 そして、紀元2世紀のローマ時代に、今ではエンゲージリングと言われていますが、 この頃は「シグニットリング」と言われ男性はゴールドの指輪を女性はカメオの指輪を送る習慣がありました。 男性から、このゴールドの指輪を女性に送ることで家事全般を取り仕切れる権利を認めたという意味があるそうです。
13世紀ごろまでは結婚指輪と婚約指輪の区別はなく、15世紀にブルゴーニュ公の娘と ハプスブルグ家の王子の婚約の際に送られたのが婚約指輪だそうです。 そして、1456年にオランダ人のベルケムという人がダイヤモンドの研磨に成功してからは、 王家の婚約の証に婚約指輪が送れられるのが習慣となりましたが、 とても一般市民に手が届くようなものではありませんでした。

それから、ダイヤモンドのデザインは時代と共にかわってゆき、19世紀になって、 一般家庭に普及しだしたそうです。 こう見ると昔はとても一般家庭ではできるようなことではなかったんですね。 それくらい崇高であり、ダイヤモンドが権威の象徴のようなところがあったのかも しれませんね。

現在の婚約指輪

しかし、現代では結婚の約束をするときに婚約指輪を渡すのが常識というほどに なってきました。 当たり前になってしまった現代でも、古代ローマ時代でも、形は変わっても 婚約指輪を渡すというのは、愛の証であり、とても崇高なものなんですね。
日本での婚約指輪の歴史は1960年代から普及し始めたと聞きますから、 まだまだ浅いものですが、愛の証に年月は関係ありません。 送りたい相手がいることがとても光栄なことです。 その相手に自分の意志を伝えるためのアイテムとして見られていますが、 送ってもらった方は、とてもうれしいものです。 相手の笑顔を想像すると、ワクワクしますね。 これから新しく2人の歴史を刻んでいくために、婚約指輪を送ってみては いかがでしょうか。
また、当サイトのほかにも結婚披露宴の費用サイトなど、結婚関連のサイトはたくさんあります。ぜひ、参考にしてみてください。