結婚指輪と婚約指輪

結婚の約束は婚約指輪、いわゆるエンゲージリングというものですね。 結婚式の時にはめるのが結婚指輪、いわゆるマリッジリングですよね。 でも、これ分ける必要があるのでしょうか? また、なぜ結婚指輪と婚約指輪が必要なのでしょうか?
こちらのサイトでは結婚披露宴費用の相場について解説されています。指輪の相場と合わせてだいたいいくら必要なのか、予算を決めましょう。

皆さん当たり前のように考えていませんでしたか? 結婚指輪と婚約指輪がなぜ必要なのか、そう言われればそうだなと思いませんでしたか? そんな方のために、結婚指輪と婚約指輪のお話を少ししたいと思います。

まず、婚約指輪ですが、これはご存知の通り男性が結婚の約束として女性に送る指輪ですが、ただ単に婚約するから婚約指輪を渡すというのではなく、 婚約指輪にはとても硬い意志がこめられています。

口約束だけでなく、この強い意志を形に現したいということで女性に送るものです。 石にダイヤモンドがよく使われるのは、もし自分が先に死んでしまったら、 このダイヤモンドを売って生きて行ってほしいという願いが込められているだけでなく、ダイヤモンドはあらゆる物の中で一番硬いものなので、固い絆を意味するものだからです。 「僕の意志もこんなに硬いんだ」ということでダイヤモンド付のリングを送るようになったなど、いろいろな説がありますが、ダイヤモンドでなくても2人の新しいスタートの証ですから、どんな指輪でも一生残る宝物になりますね。

そして結婚指輪ですが、これは結婚式の時に夫婦になった2人が交換する指輪ですね。 婚約指輪よりデザインがシンプルなのは、男性は仕事を、女性は家事や育児をしやすいようにシンプルなものが選ばれています。

そして、この結婚指輪は「私は既婚者です」と周囲に示す証にもなります。 仕事上、結婚指輪ができない時もありますが、そんな時面倒ですよね。 会話の中で「結婚してるの?「「結婚してないの?」なんて話はよく出ます。 そのたびに指輪をしていないから結婚していないと思われがちで、実はしてるんです という説明も毎回になるとイヤになります(笑) しかし、指輪をしていれば「あ、結婚してるんだ」と話はそこからスタートなので、 とても楽しいで会話もできますしね。

婚約指輪を渡す人はどれくらい?

結婚指輪は、結婚式で使うので必ず用意しなくてはいけません。 しかし、婚約指輪は必ずではありません。 実際、婚約指輪を渡している人は7割ほどだそうです。

しかし、婚約指輪をもらった女性はとても幸せな気分になります。 そして、ダイヤモンドには「今までの悪いものを断ち切って、2人で幸せに 歩いていく」という意味もありますので、渡された女性は「この人のために頑張っていこう」と再認識するのではないでしょうか。
そう思うと、婚約指輪も結婚指輪もどちらも必要なのではと思います。
こちらのサイトでも結婚指輪と婚約指輪の違いについて興味深い記事が掲載されています。