婚約指輪は結婚してもしてるの?

みなさん、疑問に思ったことはありませんか? 結婚したら婚約指輪どうしてるの? そうですよね。ほとんどの方が結婚指輪のみしていますので、婚約指輪は どうなっているんでしょうか。 そんな疑問を解決したいと思います。

まず、婚約指輪と結婚指輪の違いを簡単に説明すると、婚約指輪は婚約の証として 男性から女性に送られます。 そして、結婚指輪は結婚式の時に夫婦の証としてお互いが交換します。
さぁ、ここからです。結婚したあとの婚約指輪はどこにいったのでしょうか。 実は婚約指輪は四六時中つけているわけではないのです。
理由は石がくすんでしまうから、家事がしにくいから、仕事に差し支えるので、 という理由が多いです。
結婚指輪がシンプルなのに比べ婚約指輪は石がついていたりと少し豪華版です。 結婚指輪は結婚しても家事や育児に影響がないように石もなくシンプルなものに しています。男性にとっても仕事がしやすいようにとシンプルなほうが最適です。

しかし、婚約指輪はそういった意図がなく婚約のお祝いのような感じですので、 ダイヤモンドがついていたりと豪華なものが多いですね。 すると、リングの爪がひっかかったり、ダイヤモンド自体がくすんでしまうから というからということで、結婚指輪をはめると婚約指輪は大切に保管している人が とても多いのです。

婚約指輪と結婚指輪の付け方

両方つけていたいという方もいらっしゃいますので、そういう方は重ね付けを しています。 重ね付けはどっちを先にしたらいいの?という質問が多いようですが、 私はどちらでもいいと思います。

「婚約指輪が先で、その上に結婚指輪がいいよ。そうすると幸せが逃げないんだって」という話や「結婚指輪が先でその上に婚約指輪がベストです。結婚指輪は 最初の頃ははずせても指になじんでくるとはずれなくなる可能性があるから」という お話もあります。
どちらも「納得!」という感じですので、婚約指輪と結婚指輪を重ねたときの見栄えを考えたり、婚約指輪はつけたりはずしたりするけど、結婚指輪ははずすことがないなぁという方であれば、結婚指輪の上に婚約指輪をつけてもかまわないと思います。
こちらの婚約指輪のリフォームのサイトも大変参考になりますので、ご覧になってみてください。

婚約指輪も結婚指輪も「愛の証」ですので、大切にされるのであれば どんなつけかたでもかまわないと思いますよ。 もちろん付け方を見て相手の方がイヤでなければですが。
ちなみに、こちらのサイトでは、エンゲージリングの購入スタイルなどを紹介していました。とても分かりやすい解説でお勧めです。