最高峰の婚約指輪

皆さんは最高峰の指輪と聞いて、何を想像されますか? やはり価格でしょうか? 実際、最高峰と言われるハリーウィンストンには婚約指輪という形で、 430万円というものがあります。 しかし、オーダーメイドもありますので、あってないような価格ですね。

最高峰と聞いて、私は価格ではないと思います。 もちろん、高価な指輪をもらったら女性はうれしいと思いますよ。 しかし、逆にそんなに高価なのいらないのに・・・という女性もいます。

日本で婚約指輪に使われる金額は平均単価は34万円ほどです。
よく「婚約指輪は給料の3ヶ月分と言いますよね?」
なぜこの言葉が定番になってしまったのかご存知ですか?
実は、ダイヤモンドで世界的に有名な「デビアス」が日本の結納という習慣に目をつけて今から約40年前にダイヤモンドの販売促進に使ったキャッチコピーなのです。

それが定着してしまい、この給料3ヶ月分が男性を悩ませていますね。 しかし、先ほど平均単価は34万円とお話したように、3ヶ月分とはあくまでも 目安ですので、それにしばられる必要はありません

一生のうちの、家、車の次に効果な買い物になるかもしれない婚約指輪ですが、 それが高いものでも、そうでなくても、渡したいという気持ちが、 彼女を守っていくぞという思いが最高峰の婚約指輪になるのではないでしょうか。

高ければいいものではありません。 目に見えないものの方が、価値あるものの場合も多々あります。 金額は誠意と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、もっといいものを買ってあげたくても買えない人も中にはいらっしゃいます。
では、その人は誠意はないのでしょうか。 そうではないですよね。
自分の精一杯を彼女に届けることで、自分の精一杯の思いを彼女に届けることで、 世の中に一つしかない、世界最高峰の婚約指輪になるのではないでしょうか。

ちなみに、最高ランクのダイヤモンドで最高のカッティングで、最高に大きなダイヤで と、全てを最高にしたら億はくだらないでしょうね。
しかし、その億以上のものをあなただけが彼女に届けられるのです。 他の誰でもなく、その役はあなたにしかできません。 婚約指輪は絆を深めます。そして婚約指輪は夫婦の証です。 どんな困難も乗り越えられる相手なら、どんなに高価な指輪をあげても 色あせて見えるかもしれませんね。
こちらのサイトではデザイン別に似合うエンゲージリングの紹介をしていました。参考にしてみてください。
また、数多くの婚約指輪のブランドが商標登録されているのはご存知ですか?特許事務所での商標登録の仕方はこちらのサイトをご覧ください。